読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トシオはしたためます

なんて事のないよくあるブログでございます。

友ヶ島観光 〜帰路編〜

観光

疲れきった体を引きずるように来た道をえっちらおっちらと歩き、引き返していった。

 

この日の目的を果たし、体がボロボロなのもあって、頭ん中カラッポ状態でずっと歩いていた。

 

気がつくと「南垂水キャンプ場」まで戻ってきており、地図で桟橋まで一番早く着くルートを確認し、足元に気をつけながら、ひたすら歩き続けた。

 

しばらくして、ふと前を見ると桟橋の姿を確認。

ここまでくればもう少しだ。

f:id:toshiolog:20161229152102j:plain

 

下り坂をスタスタと歩き進めると、「野奈浦広場」に到着。

f:id:toshiolog:20161231015837j:plain

 

そして、目的の「野奈浦桟橋」の姿もしっかり確認。

f:id:toshiolog:20161229152103j:plain

f:id:toshiolog:20161229152104j:plain

 

船が来るまでまだ1時間弱ある。

ぼーっと広場のベンチで座りながら、汗で濡れたシャツを海風で乾かし、残りのキャラメルを食べながら体を癒した。

 

ふと海を見渡すと、すぐ近くにある「神島」を確認。

f:id:toshiolog:20161229152105j:plain

 

あれも「友ヶ島」の一部なんだなあっと思いながら、この日撮った写真や動画を見返しながら時間を潰した。

 

そうやって時間を潰していると、今日は本当に充実した1日になったなあ、と実感。

多幸感高まる高まる。

 

しかし周りを見渡すと、自分と同じように船待ちのカップルがあっちにもこっちにも。

 

あーうらやましいわい、ちきしょー(笑)。

 

そんなこんなで船の姿が見えてきた。

 

船に乗る前に近くのトイレに行こうとすると、トイレの裏手にある急斜面からガサガサ、ドタバタと音がして何かと見たら、2匹の鹿が慌てて駆け上がっていった。

 

こんな去り際に「トモガシカ」を確認できるとはラッキー。

 

そして、行きしなに乗った同じ船「ともがしま」が到着。

f:id:toshiolog:20161229152106j:plain

 

帰りの際も波は穏やかで無事に港に着くことできた。

 

これにて今旅は終了。

 

いや、終了条件達成、と言っておこう(笑)。

 

 

友ヶ島観光

おわり